とある経営者の結論

中小企業経営者の悩み解決のヒント。心軽く自由に豊かに生きるには?これから起業する人も参考になるかも。

しっくりこない愛という言葉の置き換え

f:id:kaisetouchi:20161202124450j:plain

俺は、 『愛』という言葉が、 なんだかしっくりこなくて 感覚的に腑に落ちないというか。

大好きとも違うし

大切なキーになっている事は 理解出来るんだけど、 腑に落ちなくて

いくつか前の投稿で、 『愛されていた』

と、使ったけども 正直、しっくりきてなくて。

『愛』という言葉は元々、 日本語になくて 当てはめた言葉だって 確か、学校の先生が言ってて。 その時、なぜだか妙に納得してたんだ。

で、 自分にしっくる言葉 形 ってなんだろうって考えてたら 答えが出てきたんだ。

愛は、

愛おしい

ってこと

だって。

心の状態を指すこと。 だって。

これが一番自分には しっくりくるんだ。

あの人が、愛おしい

この机が ソファが、愛おしい

この手紙が、愛おしい

この景色が、愛おしい

この瞬間が、愛おしい

愛おしさを感じきる 愛おしさに浸る 

とても、気持ちがいいんだ。

そして、これは ほんと俺の中の感覚の話だけど

愛おしいの中には

切なさ が内包されてて

それは、全てのモノが 永遠でないから 全て移り変わっていくから

だからこそ、 この瞬間が この全てが、

愛おしい

切なくも 嬉しいんだ。

ついでに ってのも変だけど

感謝も

ありがとう や ありがたい

って 心の状態を差す言葉に した方が なんだかしっくりくるんだ。

これって ありがたいなぁ と

心の中から、 沸き上がる感覚を

それを感じきる時 浸ってる時

ほんと 気持ちがいいんだ。

ここまで、 読んでくれてありがとう。

今という瞬間 を共有してくれて ありがとう。