とある経営者の結論

中小企業経営者の悩み解決のヒント。心軽く自由に豊かに生きるには?これから起業する人も参考になるかも。

どんな生活を送りたいか?どんな人になりたいか?どんなことをしたいか?

小学生の頃に
「将来の夢は?」
と質問されすぐに
思い浮かびませんでした。
 
時間をおいて考えても
思い浮かびませんでした。
 
 
高校生になっても
ぼんやりとしたものしかなかった。
 
というか自分は
きちんと働いて食べていけるのだろうか?
きちんと社会人が務まるのか?
漠然と不安でした。
 
 
勉強もあまり出来ないし
周囲にそんなに溶け込めず
集団が苦手で。
 
 
自分の夢はなんであるかを
熱く語る人たちを見て
「いいな。」と思って。
 
 
(語る人の中には自分にとって
暑苦しく感じる人もいましたが。)
 
 
自分もそういうふうに言えるものがあれば
どんなにいいだろうかと。
 
 
そして
自分はずいぶんと遅れてるなぁと
思っていました。
 
 
「夢」ってなんだろうか?
と考えた時に
以下に集約されるのではないでしょうか?
 
 
「どんな生活を送りたいか?」
「どんな人になりたいか?」
「どんなことをしたいか?」
 
 
夢を語る人達が口にするのは
そのようなことを大抵は言っている。
 
 
もし
自分の夢がわからないという人が
いたならば
 
上記の質問を自分にして見ると
よいかもしれない。
 
 
自分の子供時代に夢について
アドバイスするならそのように言いたい。
 
 
一つくらいは、きっと見つかると思う。
 
 
あと、超アバウトでいいので
それが達成している時期や
自分なりに考えうるそこに至るまでの
ロードマップもあるといい
かなぁと。
 
 
もちろん何度も修正してOKで。
 
というか何度も修正が必要で。
 
そして「行動」。
 
当たり前だけど
願って思い描くだけでは
叶えられない。
 
 
それと
「その逆」もあると
 
夢がはっきりとしてくるなぁ
と感じています。
 
「どんな生活を送りたくないか?」
「どんな人になりたくないか?」
「どんなことをしたくないか?」
 
 
生きていて
「こんな人にはなりたくない」
「これはもう二度とやりたくない」
「こんな生活はもうしたくない」
 
ということは
誰もが経験しているんでは
ないでしょうか?
 
 
それを持っていると
「夢」の輪郭がよりはっきりとすると思って
 
 
あの時の
「あの人」
「あの経験」
「あの生活」は 
 
いい反面教師になって
いい経験になったと思えると
 
その時のことが無駄ではなくなり
むしろ宝になり
 
心が軽くなるなぁ
と感じています。
 
 
「こんな世界を実現したい」
という壮大な夢もいいかもしれないけれど
 
自分にまずはフォーカスした方がいいなぁ
とも感じています。
 
自分の人生なのだから。
 
まずは
自分を主体に持ってきた方が
きっとワクワクするし
きっとうまくいく
と。
 
 
「どんな生活を送りたいだろうか?」
「どんな人になりたいだろうか?」
「どんなことをしたいだろうか?」